単身で引越しする場合

 

単身で引越しをする場合、重視する点はどこかと聞かれるとほとんどの人ができるだけ料金を安く抑えたいと答えるでしょう。

 

規模が小さい分自分でできることのほうが多いですし、最低限のサービスさえあれば難しくありませんから当日にスムーズな運搬ができるように準備しておく必要があります。

 

たとえば兼業業者に依頼して引越しをする場合、荷物の運搬と搬入以外は自分でやらなければなりませんから荷造りはすべて自分でやることになります。

 

このときにできるだけ荷物を少なくするためのポイントは引越し先で何が準備できるのかを考えておくことです。

 

家電など大きなものがあらかじめついている賃貸へ引っ越すなら、今ある家電は必要ないので処分したり売ったりしておきましょう。
また壊れやすいものはエアーキャップを利用して入念に梱包したり、衝撃に強い硬めのダンボールを利用するといいと思います。

 

そして単身の場合意外と忘れがちなのが手続き関連で、転出届やガス・水道などの使用中止手続きを忘れていることがあります。
すべて自分でやらなければならない場合はやることが多い分、リストを作成してひとつずつこなしていくと失敗も少なくなりますから、優先順位の高いことから順番にあげていき漏れのないように進めていってください。

 

最後に新居についた後に荷物をいつまでもそのままにしておくと精密機器などが逆向きにダンボールにはいっていたりした場合故障の原因になりますから、早めに荷解きをしましょう。

 

>引っ越し先の距離